『英語を教えるとは?』


『将来英語をしゃべれるようになれる。』

そんな夢を描いて英語を勉強し始める。

そうした子供たちに、やたら難しい英語を教え、子供たちの夢をつぶしていく。

そんなあなたは『自分は、英語教師だ。』といえますか?

子供たちに英語を三年間も教え、その子供たちは簡単な日常会話もできない。

そんなあなたは『自分は、英語教師だ。』といえますか?

子供たちに、関係代名詞、仮定法、分詞構文・・・・。

世界で最も難しい英文法を教え、その子供たちは、手紙の一つも満足に書くことができない。

そんなあなたは『自分は、英語教師だ。』といえますか?



『英語を教える』って一体なんなのですか?

子供たちをいい学校に入れることですか?

英検テストに合格させることですか?

『英語を教える』とは、子供たちに『英語を使えるようにしてあげる』ことではないでしょうか。

英語が使えるとは、『英語で会話ができ、手紙ぐらい書け、好きな本が読める』ということです。

英語は、いまや国際語です。子供たちに『使える英語』を教え、子供たちを将来、国際社会という場に立たせてあげる。

これこそが英語教師の仕事ではないでしょうか!?