Happy Evening!!


 先日、友人が私のところにやって来て

「私に会いたいという人がいる」というのだ。

「美人だよ!」という言葉にひかれ会ってみることにした。

会ってみると、歳はは30前後、なるほどなかなかの美人である。

そこで、私は、彼女の話を聞くことになった。

彼女は英語の教師をしているとのこと。

そして彼女は、私に「先生が、羨ましい」と言った。

そこで、「何故?」と、私が尋ねると、彼女は「私も、先生のように英語を教えたい」と言うのだ。

つまり、実践的な使える英語を教えたいというのだ。

私が「やればいいじゃないか」と言うと

「やりたいが、目の前に学力テスト、英検テスト、入学テストなどがあるとそれが出来ない」というのである。

そこで、私は「使える英語を教えたら、テストで点がとれなくなるのか?」と尋ねると

彼女は「・・・・・・」と黙っていた。

「私は生徒たちに試験の為の英語ではなく、コミュニケーションの為の英語、つまり会話が出来て、手紙くらい書けて、読みたいものが読める英語を教えている。しかし、みんな試験でも良い成績をとるよ」と言った。

その後、日本人三人、居酒屋で、英語でベラベラ、周りの人たちはどう思ったやら。

彼女の英語、若い人にはめずらしく、アメリカン・イングリッシュではなく、ブリティッシュ・イングリッシュだった。

別れるとき、彼女は私に “I'll try!” と言ってくれた。

とても HAPPYなEVENINGだった。